看護師と医師

看護師の仕事は同じ職場で働く、他のスタッフとのチームワークで成り立っています。一人でする仕事もありますが会社員など組織で働いていると、他の同僚とのチームワークで仕事を行っているはずです。ただ看護師の仕事は他の仕事とは違って、チームワークが特に大事になってきます。

例えば入院患者さんがいる病院で朝の申し送りがちゃんと行われないと、患者さんが容態が正確に把握できずに医療ミスに繋がったりします。実際に病院で起きている医療ミスや医療事故の多くは、他のスタッフとのチームワークがうまくいっていなかったケースが多いのです。

看護師同士のチームワークも大事ですが、看護師と医師とのチームワークも当然ですが大事です。医療ミスや医療事故をなくすためにも、看護師と医師の信頼関係が欠かせません。2012年11月に京都大病院で起きた医療ミスでも当直医2人と看護師1人が、業務上過失致死容疑で書類送検されました。

この医療ミスなどは看護士と医師の、コミュニケーションが上手くいってなかったケースです。医師といっても医師になってまだ経験の浅い新米医師などは、ベテラン看護師に頭が上がらないと言います。医師といってもなんでも知っているわけではなく、新米医師などは外見と裏腹に内心ビクビクしているものです。

患者さんや他の看護師の前では堂々としているように見えても、「今日は看護師から難しい質問がないといいけど」とか「看護師の前では失敗などできない」とか思っているかもしれません。新米医師の頃にいろいろな面で、ファローしてくれた看護師のことは後になって覚えているものです。

なかにはそんな医師と、恋愛関係になる看護師もいます。看護師の場合は患者さんもお年寄りが多く、医療関係者以外になかなか出会いがないものです。看護師の仕事は夜勤や残業などがあり、拘束される時間が多かったり不規則です。そのため一般の男性との出会いや、交際が難しい一面があります。

その点同じ医療関係者であれば、看護師の仕事の内情がよく分かっています。実際に医師と結婚している看護師もたくさんいます。医師の結婚相手が看護師というのは昔からありましたが、以前は医師の両親が結婚に反対するなどという話も聞きました。

しかしそれも昔の話で最近は親が、看護師との結婚に反対するなどということありません。それどころか看護師であれば内情を良く知っているので、看護師であれば親御さんも安心のようです。そのため気立てが良い看護師や、美人の看護師が医師と結婚する例はたくさんあります。

デイサービスでのナース転職 ナースではたらこ ※公式

Copyright (C) 2007-2013 看護師と医療ミス. All Rights Reserved.