看護師の履歴書の志望動機

看師学校や看師大学などを卒業してこれから入職する場合や、これまで病院などで働いている看護師が転職する場合では、当然ですが履歴書に志望動機の書き方も違ってきます。志望動機の欄は求人側が最も重視する個所で、履歴書の要とも言える部分です。

新卒の看護師であれば入職を希望する病院などの職場の理念や特徴や感想を述べ、なぜそこで働きたいかを自分の言葉で書くようにしましょう。説明会や見学会などでの印象を書いてもいいですが、大事なことは他の看護師が書いた志望動機をそのまま参考に書かないようにします。

志望動機の欄は採用担当者が1番チェックする箇所で、当然ですが面接で書いた志望動機について質問されます。もしその時に自分の言葉で書かずに、他の看護師の志望動機をそのまま書いてしまうと、面接でチグハグになり失敗します。

たとえば病院の理念や特色と結びつけるであれば「貴病院の患者さんが安心できる安全な医療体制の提供という理念に感銘を受けました。」とか、「新人看護師の教育プログラムが充実しているので貴病院であれば、他の看護師の方々やスタッフの方々との信頼関係を築きながら看護師として成長できると確信しました。」とか、「貴病院のようなところで、チーム医療の一員として働くのが夢でした。微力ながら地域住民の方々に貢献していきたいと思っています。」などと自分の感想や印象も交えて書くのが理想です。

転職する看護師の場合はまず最初に現在どこかの病院などに勤務しているのであれば、どのような業務内容を行っているかを書きます。そしてもし過去にもした経験があれば、それについても触れておきましょう。ここで大切なことは退職理由で現在、もしくは過去の職場の悪口を書かないということです。

たとえば「勤務体制が酷かった」とか、「人間関係が悪くそれが原因で退職した」とか具体的な退職理由には触れないようにします。それは面接でも同じで当然ですが、なぜ前の職場を辞めるのかを尋ねられます。たとえ現在もしくは過去の職場に恨みがあっても、決してそれを口に出してはいけません。

転職を決意した理由も「もっと看護師として多くのものを吸収したいとか経験を積みたい」など、前向きな理由を書くようにしましょう。そしてその後になぜこの病院で働きたいのか、その理由を具体的に書いていきます。最後に「貴病院に入職することができればこんなことをしてみたい」と書き、「それを叶えてくれるのは貴病院だと考えています。」などと文章を結ぶことで、よりいっそう印象的な志望動機となります。

レーシッククリニックの看護師求人 カンゴシティのオフィシャルHP

Copyright (C) 2007-2013 看護師と医療ミス. All Rights Reserved.